ヒマなので戦争について考える

今回は、戦争・・太平洋戦争についてです。

なぜ日本は戦争をしたのか、なぜ原爆が落ちたのかなど

独自の視点で考えてみたいと思います。

ただ日本のことを悪く書くと思います。

それでも耐えられる方のみご覧いただけたらと思います。

 

日本軍の戦力で勝てたのか?

開戦前の戦力は、弩級戦艦の数、保有艦船数は対等だったと思います。

有利な条件で早期講和ができれば、敗北にはならなかったと考えます。

長期戦になればなるほど勝ち目はありませんでした。

国力(生産数)が違いすぎます。兵力も。

それはアメリカを視察した事がある人なら満場一致でした。

しかし歴史は、早期講和ができませんでした。それはなぜか。

 

真珠湾攻撃

開戦と同時にハワイの主力艦隊に打撃を与える作戦でした。

停泊中の戦艦・巡洋艦を沈め、奇襲作戦としては成功しました。

が、宣戦布告が攻撃後となってしまったのです。

これが運命の分かれ目でした。

いや、シグナルですね。勝てる戦いであればこんな事は起きません。

日本国内では作戦成功の報がお祭り騒ぎとなり、戦争継続を望む声ばかりでした。

よって国内から早期講和の道は絶たれました。

 

卑劣な日本国

アメリカにとって日本とは、宣戦布告前に攻撃を仕掛けてきた国であり、それまで戦争に消極的だったアメリカ国民も 戦争を望むようになりました。

当然、マスメディアもそれを助長します。

アメリカは世論を味方につけ、正義の戦いを行うことができたのです。

これによって両国にとって早期講和の道はなくなり、徹底的に殺しあう道だけが残りました。

 

カルト国家日本

自分達は神に選ばれた民族であるような思想を教育されています。

天皇陛下の為! お国の為!と子供を笑顔で送り出す光景にすら疑問を抱きません。

当然、戦争反対の声なんてないです。子供も大人も。 

国民を調教していたのは、学校ではなく新聞社を代表とするマスコミです。

マスコミが敵とみなす記事を書けば、その国は敵視され戦争ができたのです。

民意を誘導することが容易であったから、日本は明治維新以降、侵略を繰り返すことができました。天皇という教祖のカルト国家だったと言って過言でないと思います。

 

戦争時の天皇

陸軍で大元帥という地位にありました。最高位になりますね。

軍の階級は統率できる人数を指します。元帥ならほぼ全員です。

そんな階級ですが、作戦立案をすることもなく 戦場で指揮することもないです。

軍部の作戦に意見をすることすらなかったですし、軍部の人事権すらありませんでした。作戦承認のハンコを押すだけの人、ただの人形でありタレントです。

なので戦争責任から免れることができました。

もちろん米内光政の尽力もあったと思いますが。

でも・・おかしいですよね。国民は神様だと思ってたのに、軍部ではそうではなかった。民意を得るための都合のいい存在だったということです。

 

日本兵の末路

開戦初期は戦果もありましたが、次第に物量で圧倒されます。

技術的にもどんどん遅れていき、各地で敗戦、孤立、そして玉砕していきます。

卑怯な民族、カルト国家の兵として降伏しても射殺される有様でした。

潔く玉砕していたのではなく、そうするしかなかったのです。

運よく捕虜となった日本人もいましたが、射殺されたほうが楽だったろうなと思う扱いです。

 

原子爆弾

米軍から見た日本兵は悪魔でした。そして日本兵からみた米兵も悪魔なんです。

その連鎖が、原子爆弾を落としても心が痛まない民族になり、人類史に残る悲劇となりました。しかも2発。

その時代を生きたアメリカ人にとって、今でもあれは正義の行いです。

 軍港を機能不全にするために長崎(佐世保)と広島(呉・宇品)を狙ったと思います。

一方日本は、原爆が落ちてもまだ戦うつもりでした。

洗脳が解けることもなく天皇陛下万歳のまま、本土決戦を覚悟していました。

 

終戦

本土決戦を望む陸軍を米内光政が説得し、ようやく終戦となりました。

それに慌てたロシアが、北方領土を占領しています。

北方領土は軍港ウラジオストクの目の前ですから、アメリカの基地を置かれる事を警戒してですね。(ロシアが北方領土を手放さない理由は、日本がアメリカの統治下だから)

そして天皇人間宣言、GHQの統治を経てようやく国民の洗脳が解けました。

おじいさん、おばあさんが天皇陛下万歳なんてもうやってないですよね。

元凶たるマスコミは解体され、新しく米資本で再構築されています。

それは今でも続いてますね。通信社や大手代理店は米資本です。 外国のニュースはCIAを通してからじゃないと報道されません。

 

あとがき

私は、小さい時から軍艦のプラモを買っていた子で、初めてのお年玉でアメ横で海軍帽を買うような子でした。

中学時代は【丸】って本をよく買ってましたね。

日本軍が嫌いというわけじゃないです。

けっこうな愛国者です。 

日本海軍が好きでプラモだけでも30万ぐらい使ってますw

あれがあぁだったら・・勝てたんじゃないかと思ってましたね。

ただ、真珠湾で敵意を煽った時点で、弩級戦艦が100隻あって山口多聞が100人いても勝てなかったと思います。米本土まで行っても必死の抵抗をされたでしょう。

宣戦布告も偶然遅れたわけじゃないと思います。

そして日本の同盟国はほぼ地球の反対側、ドイツとイタリアです。

普通に考えてアメリカは、八方に兵を割いて勝てる国ではないです。

もし、中国かロシアが味方であれば日本は陸上戦力を向けることができたかもしれません。その情勢なら戦争にはなってないでしょうけどw

隣国が敵国だらけの情勢だったのが、日本の歩んだ道です。

この分岐点は明治に遡ります。

そのあやまちの対価を昭和で支払ったと思っています。

なので、次回はその分岐点だと思う甲申事変についてです。